Web Analytics Made Easy - StatCounter

pukupukuのブログ

『ぷくぷくのブログ』では、岡山県のおでかけスポットとや日常生活の雑ネタなどを淡々と綴っていきます。ぜひ遊びに来て下さい٩(^‿^)۶

③.メスティンで料理しよう!調理テーマは『煮込む』

今回は『煮込む』をテーマに掲げて7品紹介していきます。寒い時期にもピッタリですし保存が効く料理を作ることも出来るので、ぜひ作ってみて下さい。

 

メスティンの『煮込む』調理法

長方形で深さのあるメスティンは、ラーメンやパスタを作るなど茹でることに適しています。当然ながら煮込み料理も得意です。鍋やスープなどはもちろんアヒージョに至るまで幅広く使うことが出来ます。そんなメスティンで作る美味しい料理を早速紹介していきます。

1.味噌煮込みうどん

f:id:pukupuku25:20210102170137j:plain

グツグツと煮えて、心も身体も温まる煮込みうどん!!定番料理ながらも寒くなると食べたくなる料理でもあります。鍋もうどんもアツアツなので、やけどには十分注意して作ってくださいね。

●材料(1人分)

・鰹だし   :小さじ1

・うどん乾麺 :80g

・水     :450ml+α

※乾麺を茹でてお湯が減ってくるので、水を継ぎ足して下さい。

赤味噌   :小さじ2

・きび砂糖  :小さじ1/2

・ねぎ    :適量

・油揚げ   :適量

・卵     :1個

●作り方

①.メスティンに水、鰹だしを入れ沸かす。

②.アクを取り、乾麺を加える。麺が鍋底にくっつくのでかき混ぜながら茹でる。

③.乾麺が少し柔らかくなったら赤味噌を溶きながら投入します。続けてきび砂糖、ねぎ、油揚げを加えて更に煮込みます。

④.卵を落として、蓋を少しずらして通気口をつくり2~3分煮込みます。お好みで七味をかけて完成です。

 

寒い時期になるとこのようなあつあつ料理って恋しくなりますよね。シンプルですが赤味噌と卵が良い感じに馴染んでくれるので、想像以上に美味しいですよ。(*´ω`)

 

2.グラタンドフィノア

f:id:pukupuku25:20210102170158j:plain

フランスの郷土料理として作られる家庭料理のグラタンドフィノアを紹介します。

●材料(2人分)

・じゃがいも :2個

 ※男爵の方がおススメです。

・豆乳    :150ml

・ピザ用チーズ:適量

(A)合わせ調味料

 ・チキンコンソメ  :小さじ1/2

 ・すりおろしにんにく:小さじ1/4

  ※チューブにんにくでも可

 ・きび砂糖     :小さじ1弱

 ・オリーブオイル  :少々

 ・ナツメグパウダー :少々

 ・塩        :少々

 ・こしょう     :少々

●作り方

①.じゃがいもはよく洗って水気を拭いたら、皮付きのまま5mm幅で切ります。

②.メスティンに投入と(A)を入れて軽く混ぜたら、切ったじゃがいもを入れます。

③.蓋を軽く載せて、やや中火にかけます。

④.沸騰してきたら弱火にして豆乳を混ぜます。その後、じゃがいもが柔らかくなるまで煮込みます。

⑤.ピザ用チーズを入れ蓋をします。2~3分ほど煮込んだら、バーナーで表面を炙って完成です。

 

ちょっと変わった炊き込みご飯って感じですが、ほくほくのじゃがいもがご飯とマッチしていてとても美味しいです。 

3.キャベツのポトフ

f:id:pukupuku25:20210102170201j:plain

寒い日に食べたくなるホクホクであつあつのポトフを紹介します。

●材料(2人分)

・キャベツ :1/8個

・じゃがいも:1個

・玉ねぎ  :1/2個

・にんじん :1/2個

・しめじ  :1/8房

・水    :300ml

・塩    :適量

※ソーセージやベーコンを入れても美味しいです。

●作り方

①.キャベツをメスティンに収まる厚さに切ります。

②.じゃがいも、玉ねぎは2等分、にんじんは拍子木切りにします。

③.全ての具材をメスティンに入れ、水、コンソメ、塩を入れて強火で沸騰させます。

④.スープが煮立ったら弱火にし、15分煮込んだら完成です。

 

野菜の旨味がしっかり出ており、野菜も大きく切ってあるので食べ応えがあります。大人から子供まで食べやすいコンソメ味なのでメイン料理にもなる一品ですね。

 

4.鶏肉とトマトのフォー

f:id:pukupuku25:20210102170150j:plain

鶏ダシが効いて後を引く美味しさのエスニック料理であるフォーを紹介します。

●材料(2人分)

鶏もも肉:1/2切れ

・トマト(中):1/4個

・万能ねぎ:適量

・水:200ml

・フォー:50g

・鶏ガラスープ:小さじ2

・塩:適量

・もやし:50g

ナンプラー:小さじ2

・レモン:適量

●作り方

①.先に下ごしらえをしておきます。

 ・鶏もも肉は1cm幅に切る。

 ・トマトはくし切りに切る。

 ・万能ねぎは小口切りにする。

②.メスティンに水とフォーを入れ、強火にかけてもどす。

③.鶏がらスープ、塩、鶏もも肉を入れ、肉に火が通るまで煮込みます。

④.トマト、もやしを入れ、弱火で5分ほど煮込みます。

⑤.ナンプラーを入れて味を調えます。食べる前に万能ねぎをふりかけて完成です。

 

鶏のダシが効いていてフォーとも相性抜群です。スープも飲み干してしまうほど美味しく作ることが出来ますよ。( *´艸`)

5.レモンパスタ

f:id:pukupuku25:20210102170133j:plain

時短料理で簡単に作れるパスタを紹介します。

●材料(1人分)

・スパゲッティ:100g

※早茹でタイプなら時短調理が出来る。

・水     :適量(茹でるために必要)

・塩     :小さじ1/4(茹でるために必要)

・薄切りレモン:3~4枚

・粉チーズ  :適量

(A)合わせ調味料

 ※先に混ぜときましょう!

 ・クリームチーズ  :35g

 ・バター      :1片

 ・レモン果汁    :小さじ2

 ・するおろしにんにく:小さじ1/3

 ・塩        :適量

 ・こしょう     :適量

 ・砂糖       :適量

●作り方

①.麺を半分に折ってメスティンに入れ、塩を小さじ1/4と水を蓋線まで入れます。

②.強火~中火にかけ、ほぐしながら固茹でします。

③.固茹でになったら火を止め、麺の高さまでのお湯を捨てて(A)を投入します。弱火にかけて混ぜて下さい。

④.とろみがついたら火を止め、レモンと粉チーズをのせて完成です。

 

薄切りレモンで見た目も華やかで果汁の酸味とチーズの濃厚さがとてもいい感じです。私的にはたっぷりチーズを入れた方が好きですね。(*´ω`*)

 

6.きのこのアヒージョ

f:id:pukupuku25:20210102170154j:plain

お酒のおつまみに最高のアヒージョを紹介してます。

●材料(2人分)

・にんにく    :2片

・オリーブオイル :130ml

・アンチョビ   :4切れ

・お好みのきのこ :メスティンに入るくらい

・粗びき黒こしょう:少々

イタリアンパセリ:適量

●作り方

①.にんにくの皮をむき、包丁で押し潰します。

②.メスティンににんにくをとオリーブオイル、アンチョビを入れて弱火にかけます。

③.アンチョビをほぐし、にんにくの香りが立ってきたら、きのこを投入して軽く混ぜ合わせて4分ほど煮込みます。

④.粗びき黒こしょうをかけ、イタリアンパセリを散らして完成です。

 

にんにくの香りが食欲をそそる絶品のおつまみです。食べる時にお好みでレモンを軽く絞っても美味しいですよ。(^^♪

7.ミックスフルーツコンポート

f:id:pukupuku25:20210102170111j:plain

さっぱりフルーツで食後のお口直しになるコンポートを紹介します。

●材料(2人分)

・オレンジ:1個

・キウイ :1個

・レモン :1/2個

(A)合わせ調味料

 ・白ワイン  :100ml

 ・はちみつ  :大さじ1

 ・ローズマリー:1枚

●作り方

①.先に下ごしらえをします。

 ・オレンジとキウイは皮をむいて、1cm幅の輪切りにします。

 ・レモンは薄切りにします。

②.メスティンに切った具材と(A)を入れて中火にかけます。

③.沸騰したら弱火で5分煮て完成です。

 

アツアツでも美味しいですが、氷でしっかり冷やしてから食べると味がなじんで更に美味しいです。

 まとめ

いかがでしたでしょうか。

煮るをテーマにした料理は数多くありますが、私は中でも鍋料理が大好きです。好き過ぎて単独で記事を書いていますので、気になる方はこちらからどうぞ!

pukupuku25.hatenablog.jp

 もちろん!メスティンでミルフィーユ鍋を作ることも出来ます。身体の芯まで温まるので、是非作ってみて下さい。

あなたは好きな料理が見つかりましたか?まだ見つかってない方はこちらの記事を見てみて下さい。

pukupuku25.hatenablog.jp

これらの記事は本を参考にして書いています。詳しく知りたい方やメスティンに興味があるかはこちらにリンクを貼っておくので、ご確認ください。

 

こらからも家で出来るキャンプ飯をたくさん紹介しますので、楽しみにしていてください。それでは(@^^)/~~~。